外断熱の豆知識

外断熱で考えておきたいシロアリ対策とは

外断熱で考えておきたいシロアリ対策とは

外断熱で考えておきたいシロアリ対策とは 住宅の断熱施工の方法の1つに外断熱工法があります。
一般的な断熱は壁の中に施工するものですが外断熱は壁の外側に張り付け建物ごと断熱材で覆う形となります。
この工法は基礎も外側への断熱を施工します。
シロアリは温暖で湿気を好む習性があり雑食性の昆虫です。
木材・プラスチック・ゴムさらにはコンクリートにもかじりつきます。
シロアリは断熱材をも食し蟻道を作り建物内に侵入する為、普通の断熱材では非常に危険です。
対策としては、防蟻性を備えた断熱製品を使用する事が重要となります。
断熱材の内部は、特性から高い保温性があり冬場でも生息しやすい環境である為、最高の棲み処になります。
断熱材の内部を拠点として建物へ侵入し柱・梁といった構造体を食し被害を拡大させていきます。
人間の生活を快適にする外断熱工法は、シロアリにとっても快適な環境であり被害事例も数多く報告されています。
施工業者はもちろん、これから家を建てようとする方も知っておくべき事です。

外断熱でシロアリが侵入してくるルートとは

外断熱でシロアリが侵入してくるルートとは 住宅を建てた際に恐ろしい存在であるシロアリは、時には柱や梁といった主要構造部の内部を食い荒らしボロボロにする事があります。
シロアリは雑食性で何でも食する習性があり時にはコンクリートまで被害にあう事もあります。
最近の住宅は基礎の外部にボード状の断熱材を施工する基礎外断熱を採用しているケースが多くみられます。
外断熱にする事で住環境が快適になりますが、シロアリにとっても快適です。
高い断熱性能から、断熱内部に棲みつき冬を越す事もあります。
そこを拠点に基礎コンクリート内部の隙間から建物内に侵入して被害を及ぼします。
一見コンクリートで出来た基礎は頑丈で水の侵入も無いように思えますが、アリの侵入経路となり得る隙間が各所にあります。
・上水および排水管の貫通部分(コンクリートとの隙間) ・型枠材の幅止め固定に使われる金物の隙間(ベースに打付ける金物) ・コンクリートの打継部分の隙間(ベースと立上り) など様々な侵入ロートがあるので定期的に確認する事が必要です。

Copyright (C) 2016 外断熱の豆知識. All Rights Reserved.